養育費

不法行為による損害賠償

第752条
夫婦は同居し、互いに協力し扶助しなければならない。

第760条
夫婦は、その資産、収入その他一切の事情を考慮して、婚姻から生ずる費用を分担する。

第766条
父母が協議上の離婚をするときは、子の監護をすべき者、父又は母と子との面会及びその他の交流、子の監護に要する費用の分担その他の子の監護について必要な事項は、その協議で定める。この場合においては、子の利益を最も優先して考慮しなければならない。

養育費と自己破産の関係

破産法では、夫婦間に生じる婚姻費用、離婚後に生じる慰謝料や養育費については免責対象外としています。
 計算式にて算出サポート可能です。